山の便り、花の便り、風の便り

58657
迷惑投稿防止の為、投稿記事や写真は一旦承認待ちになり、承認後に掲載されます。
名前  性別:
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

10月5日の山歩き - gomasio (男性)  URL

2017/10/06 (Fri) 06:29:06

去年もトライしたのですが、その時は登山口が分らずに撤退しましたので、
今回は地図や登った人の記録を良く見て再挑戦しました。

その甲斐あって初めて山神ダムから三市町山と牛頸山に登る事が出来ました。

下山時はまた水呑林道に下り、そしてその水呑林道を終点(始点?)迄歩いたあと
県道601号線等で山神ダムに戻りました。

写真は水呑林道脇で見掛けたアケビですが、ここだけで15個も生っていました。

Re: 10月5日の山歩き - gomasio (男性)  URL

2017/10/06 (Fri) 06:33:42

県道601号線の終点(始点?)部分では、写真のようにビッシリと実を
付けた樹を見掛けました。

この樹は大分遠くからも見えていましたので、遠くから見た時は、
今の時期にはどこででも良く見掛ける柿の実と思っていました。

実の大きさは柿の実よりひと回り大きい位ですが、近ずくとその実は柿色をして無く、黄土色なので、枯れたのかな?等と思いながら直ぐ傍まで行くと、何とそれは梨の実でした。

1本の樹からこのように数百個の実を付けた梨の樹を初めて見ましたのでビックリ!でした。

10月1日の山歩き - gomasio (男性)  URL

2017/10/02 (Mon) 09:58:02

1日は以前に難読山の日本一に選ばれた事のある大分県日田市の
『一尺八寸山=みおうやま』に5年振りに登りました。

今回は大石峠から登ったのですが余りにも短時間(35分)で山頂に着いたので
時間を持て余し、『下山してから近くの山に登ろうか?』等と話していましたが
以前にこの山に登った時に、『この山には山栗が沢山ある!』ことを思い出し、
周辺を散策する事にしました。

そうすると山栗とアケビが方々にありましたので、途中で昼食休憩しながら探すと
既に採った跡やまだ早い物等色々ありましたが、それでも沢山採取できました。

写真はまだ早い山栗ですが、この様な樹がまだ沢山ありました。

Re: 10月1日の山歩き - gomasio (男性)  URL

2017/10/02 (Mon) 10:03:29


写真は当日採取した山栗とアケビです。

採取した山栗の重さを量ると、1.5kgもありました。

山栗は栽培栗に比べると、大きい物でも半分位で小さい物は4分の1位の
大きさしかなく、手間ひまや食べるのも面倒ですが、味や甘み等は山栗の
ほうが上かも知れません?

9月25日の山歩き - gomasio (男性)  URL

2017/09/26 (Tue) 06:26:34

25日は佐賀県みやき町にある『鷹取山=403m』に山田水辺公園から
登りました。

山の名称は、私達の地元の耳納連山の最高峰である『鷹取山=802m』と
全く同じですが、この山名は全国の方々に沢山有る様です。

下山時は林道を歩きましたが、その途中には山栗とムカゴが有りましたので、
それらを採りながらゆっくりと下山しました。

写真は途中で採ったムカゴです。
このムカゴは当日の晩酌時にツマミの一品として食べましたが、今年は初物でしたので結構美味しく感じました。

9月23日の山歩き - gomasio (男性)  URL

2017/09/24 (Sun) 06:51:44

23日は七曲峠からあま山と天山に登りました。

天気は曇り空で、私のザックに付けている温度計は24℃でしたが、
山頂部には冷たい風が吹いていて寒く感じる位の気候でした。

しかし天山は佐賀県では人気の山なので登山者は多かったですね~!

写真は山頂部の登山道脇に咲いていた『キュウシュウコゴメグサ』です。

Re: 9月23日の山歩き - gomasio (男性)  URL

2017/09/24 (Sun) 06:53:32


写真は天山山頂から写した南西方向の景色で、右側があめ山、左側遠くに
(湖の上部分)雲の間から少しだけ頭を出しているのが雲仙です。

8月29日の山歩き - gomasio (男性)  URL

2017/08/30 (Wed) 06:27:48

29日は河内ダムから九千部山に登りました。

このコースは何度も登っていますが、普通は登りで2時間程度、
下りは1時間半位の所要時間で登下山しています。

しかしこの日は風が無くて蒸し暑く、歩く度に汗が吹き出しますので歩行速度が
上がらず、登りで2時間10分、下りで1時間40分掛かりました。

九千部山は何時行っても登山者が多いのですが当日はこの様に暑かった勢か?
下山するまで他の登山者を一人も見掛ける事はありませんでした。

写真は山頂の展望台から眼下を写したものです。

私達は山頂で1時間ほど昼食休憩しましたが、その間に山頂に来たのはバイクで来た二人と車で来た(2人+1匹)
だけで登山者は一人もいませんでした。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.