山の便り、花の便り、風の便り

58199
迷惑投稿防止の為、投稿記事や写真は一旦承認待ちになり、承認後に掲載されます。
名前  性別:
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

8月19日の山歩き - gomasio (男性)  URL

2017/08/20 (Sun) 09:27:24

19日は前夜に大分県くじゅうの男池駐車場で車中泊し、当日の早朝より天狗岩
(1556m)と高塚山(1587m)に登りました。

前夜に男池駐車場で車中泊したのは他に2台ありましたが、その人達は高塚山に
は登らず、平治岳に登ったようです?

くじゅう連山の中の中岳や久住山等の登山ルートには木陰が余りありませんが、
この高塚山への登山ルートはその殆んどが原生林の中を通って行きますので、
登山ルートの95%位は樹林の中の木陰で夏場向きのルートです。

当日は天気が良かったのですが、結局当日に高塚山に登ったのは、同日の早朝に
久留米を出発したという同年代の単独男性と3人だけでした。

写真は天狗岩に登ったオバさんです。

Re: 8月19日の山歩き - gomasio (男性)  URL

2017/08/20 (Sun) 09:29:27

高塚山から下山後は時間に余裕が有りましたので、長者原のタデ原湿原を
散策しました。

タデ原湿原には、マツムシソウ、オオマツヨイグサ、ヒゴタイ、サイヨウ
シャジン、サワヒヨドリ、サワギキョウ、カノコソウ、クサレダマ、シモツケソウ等が咲いていました。

写真はサワギキョウです。

7月29日の山歩き - gomasio (男性)  URL

2017/07/30 (Sun) 06:40:58


29日も早朝に鳥栖市の河内ダム横の宮地嶽神社鳥居から杓子ヶ峰~奥山~
みはらしの丘~河内ダム周回コースと歩きました。

杓子ヶ峰では地元の方達による草刈作業が行われていました。(感謝!

Re: 7月29日の山歩き - gomasio (男性)  URL

2017/07/30 (Sun) 06:42:32



写真はダムの直ぐ上にある河川プールです。

私達は写真のテーブルで朝食を食べましたが、
ひと歩きした後では、家で食べるより美味しく感じますね~!

7月27日の山歩き - gomasio (男性)  URL

2017/07/28 (Fri) 05:50:24


27日も午後から猛暑日になるとの予報でしたので、早朝に森林つつじ公園~
耳納平~耳納山~高良山~森林つつじ公園と歩きました。

写真は耳納スカイラインの途中にある耳納平と呼ばれている分岐点で、
展望も良い場所です。

私達がこの耳納平に着いた時は誰も居なかったので、ここの縁石に腰掛けて
朝食を食べました。

天気が良ければ、この場所からは御前岳や釈迦岳、有明海や雲仙岳等も見えます。

Re: 7月27日の山歩き - gomasio (男性)  URL

2017/07/28 (Fri) 05:53:22


帰路に見掛けた、道路脇の樹木に生えていたキノコです

帰宅後、キノコ図鑑等で調べると『ナラタケ』に似てるな~?と思いましたが
良く似ている物に猛毒キノコの『コレラタケ』があるそうです。

このキノコはそのままにしていますので、勇気のある方は食べてみて
その結果の報告をお願いします。(笑

7月25日の山歩き - gomasio (男性)  URL

2017/07/26 (Wed) 06:26:57


25日は八天神社から土器山に登りました。

当日も午後からは気温が上がるとの予報でしたので、まだ涼しさの残る早朝に
登ったのですが、それでも登山時は汗が吹き出しました。

写真は土器山山頂の少し下にあり、御神体岩の横にあるテーブルです。

私達はこのテーブルで周りの景色を見ながら朝食を食べましたが、
当日は残念な事に少し霞んでいましたので遠望は利きませんでした。

尚、テーブルの右横に見える岩が御神体岩で、天気が良ければその右奥に吉野ヶ里遺跡が見えます。

Re: 7月25日の山歩き - gomasio (男性)  URL

2017/07/26 (Wed) 06:29:03


御神体岩を正面から写した写真です。

もしかしたらその昔、あの卑弥呼もこの御神体岩の前で祀り事等を行って
いたかも?ですね~!

7月23日の山歩き - gomasio (男性)  URL

2017/07/24 (Mon) 06:10:52

23日は甘木公園から大平山と安見ヶ城に登りました。

当日も昼からは真夏日になるとの予報でしたので、気温が上がる前の早朝に登る
事にしました。

登山時は初めて旧登山道を歩きましたが、新道に比べて急坂部分とアップダウン
が多く疲れました。

写真は大平山の山頂にある展望所ですが私達が登った時は誰も居なかったので
眼下の甘木の町並み・筑後平野・耳納連山等を眺めながら朝食を食べました。

それから登山口の甘木公園には、先日の九州北部豪雨で被害を受けた地域の救援に来ている大勢の自衛隊の人達が公園内にテントを張って寝泊りをしていました。(お疲れ様です!


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.